なんで?見られるサイトとそうじゃないサイト

興奮させる要素が有るサイトと無いサイト

見られるサイトとは、ユーザーが興奮を起こし、興味を抱く中で見たい欲求が現れています。見られないサイトの多くは、ユーザーに興奮させる要素が少なく、興味を抱かせる要素がありません。これは、運営者の人格の問題である可能性があります。自分自身の欲求さえ満たされば良いと思われている運営者は、ユーザーの心が見えず、自己中心的な思いを抱きやすくなるでしょう。その思いが、ホームページのコンテツに現れている場合もあります。見られるサイトの多くは、ユーザーの心に視点を置き、どの様にすればユーザーが満足してくれるのかを押さえている傾向にあります。見られないサイトの運営者は、井の中の蛙になっている傾向も高く、自分自身が満足では無く、他の人が満足できる価値観を身に着けなければなりません。

リピーターになるサイトとならないサイト

サイトに訪れる人の中には、必要な情報を手にいれば、そのまま離脱をしてサイトの存在を忘れてしまう人もいます。サイトが発信している新しい情報を求めて、リピーターとして訪れる人もいるでしょう。リピーターになる人の傾向は、ユーザー自身にとって価値の高い新鮮な情報を求めて再びサイトに訪れているのです。見られないサイトの多くは、独自性が弱く、新鮮さも薄く、他のサイトと似ている傾向もあります。ユーザーが期待通りに満足すると思われるサイト制作は、当たり前になる傾向が高く、意外性の要素に欠けてしまう場合もあります。意外性過ぎる内容は、理解されないサイトとして見られてしまう可能性も高まるでしょう。人を集めるためのサイト運営は、期待性と意外性のバランスを考えながらサイト運営するのも秘訣です。

© Copyright Homepage Prepare. All Rights Reserved.